Home > diary > jun

diaryArchive "jun"

佐渡の旅①

  • Posted by: jun
  • 2021.11.16 10:10
  • travel

E93C08A5-1494-4529-9DE4-FA47E7AE4887.jpeg
先月、2回目の遅い夏休みをとって
初めての佐渡島に行ってきました。
新潟出身でも行ったことある人の方が少ないんじゃないかな。
若い時にはあまり興味を持たなかったのですが、
大人になってからずっと行ってみたかったところの
ひとつです。

9C2E706C-6DB4-41CF-B4F9-AEE5A3535A56.jpeg
18CD11E4-92EC-48C2-959A-AE2DC7218581.jpeg
新潟港から佐渡汽船のカーフェリーで2時間半。
船内の写真もっと撮ればよかったな。
一等の部屋はリクライニングシートの広々とした1人がけのソファか
ベットがあってかなり快適です。
2等は絨毯の部屋があってみんな思い思いの体勢で
寝てるひとがいたり
持参したお弁当食べてる人がいたり。
腰が痛くならない人はそっちでもいいかも。

佐渡に着いてまずはレンタカー。
借りた車のオーディオがCDが聞ける古いタイプだったので
ブックオフで1人1枚安いCDを買おうということになった。

9031C843-B6AE-4621-A4F3-1C444DB5C462.jpeg


結局一枚では済まずわたしはこの3枚に
なりました。
年齢が近い人は全部懐かしいものばかりかと。
最近、この懐かしいはどの感情にも敵わなく
なっている。
懐かしいをつまみにお酒飲めちゃうくらい(笑)

話逸れましたが、
佐渡ではほとんどをドライブしながら
過ごしていたので、このBGMはかなりいい
役割を果たしてくれた。

DA879382-C510-41A8-961F-D6DB8C34F3A8.jpeg

着いた日の夕方にみた夕日

0BA1182A-CD9A-4B19-9864-AF4D23F7325E.jpeg

とても穏やかな風景。
古い木造のお家がたくさんあって
(木造の家の写真撮ればよかった...)
自分の故郷を思い出して
タイムスリップしたような気持ちになった。

94F17C9E-B893-4EAC-A1BE-10C65CE0DE2A.jpeg

BFA97785-B97E-47DA-8BB1-7E4DF384F24C.jpeg

34B071A1-DB97-4F27-BC09-F635715AB004.jpeg
佐渡はとにかく夕日がきれいで
どんなことをしたか思い返すと
海が綺麗だったことと
夕日の景色を思い出す

259BF2D3-70B6-4816-B456-F3CFDE38932D.jpeg
69665E92-5A05-43EB-B823-A810B6FA62EC.jpeg
78F8864E-A307-44E4-97D3-2C1F9F7EBA1C.jpeg
C7822769-8114-4A7C-B5E3-779340F88D1C.jpeg
たくさん写真があって
載せきらないので第2弾へ
続きます。

大人のマッシュルームヘア

  • Posted by: jun
  • 2021.08.16 21:21
  • beauty

マッシュルームというと1番最初に思いつくのは
やはりほとちゃんでしょうか?
日村さんよりはやっぱりほとちゃんですよねぇ

なかなか女性で象徴的な人は少ないですね。
あ、歌手のイルカさんとか?
若い人はわからないかなぁ

そんな訳で
今日は大人の女性のマッシュルームヘアを
紹介したいと思います。

E85E7B2B-CD2B-460F-BCD7-C7C55977E46E.jpeg

友達でアクセサリーデザイナーのせいちゃんです。
(st,catというブランドをやってます)
彼女のマッシュルームヘアが今年になって最初に
作ったマッシュルーム。

それまで、金髪ボブだったのをがらっと
イメチェンしました。
そのときにせいちゃんからマッシュルームどう思いますか?
と言われたのがきっかけ。
顔立ちがすっとしてるからキャラ感は出ないし
むしろ美人さが際立つ。
想像以上に似合っていた。

04DAD833-C9F9-4941-BCC4-B264EF408DD3.jpeg

252B8427-64D2-4C0B-B3EC-8A3C853DA802.jpeg

DE0A8645-5EB8-4DAD-980E-A00C3094445B.jpeg

こちらはある撮影の為にカットをしたひとみさん。
ヘアスタイルを決める際に
マッシュルームにしたいんだけどどおかな?
と相談すると彼女もちょうどマッシュルームに
したいと思っていたそうで、
『もうちょーほとちゃんとかにしちゃって
大丈夫です!』とのことだったので
ほとちゃんではなく
イメージしていた人の写真をみせました。

A4CD70AA-0B8B-4A5D-BE74-7AB90A297C0A.jpeg

870E3510-207F-4048-AE24-A3AAE9CE9AB0.jpeg

このおばあちゃんです。
(よく見たらほとちゃんと同じでした)
よく猫を肩に乗せてる写真は見たことがあって
画家かな?と思っていたのですが、
ちゃんと調べたらアニエス・ヴァルダという
ベルギー人の映画監督でした。
この人、気になるから今度映画観てみよー。

力の抜けたモードすぎない
マッシュルーム
髪質と顔の輪郭は選びますが、
似合う人にはやって欲しいスタイルです。

ACB645BB-FE8C-43C1-91B9-24077B82B5B2.jpeg

黒髪だと本気すぎて重すぎちゃうって
人はカラーもおすすめ。
こちらのお客様は髪がしっかりしていて
かなり量が多いので、ブリーチをして
その上にグレーベージュをのせています。
洋服の仕事をしていて、色んな色の服を着るので
この髪色になってからカラフルな洋服でも
バランスがとれるようになったと
言っていました。

このバランスと言う言葉、わたしの中では
ヘアスタイルを決めるときに1番大事にしている
言葉です。
ヘアが1番に目立つのではなく、洋服や
その人本人の次に目に入ってくるくらいの
さりげないバランスがいいな。

EA477809-41DF-4823-AF5B-6ECCBC6BD1CF.jpeg

最後の写真はいつも本当に全部おまかせに
してくれるソニアさん。
彼女は初回から本当に全ておまかせで
いつもわたしに『どうしたい?』と
逆に聞いてくれる(笑)
彼女の予約が入ると
わたしは宿題をやるみたいに今回はどうしようかな?と
考える。
このときはマッシュルームにするって決めていて
マッシュにするねと話すと『うん、いいよ』と一言。

なんかさっきからみんなどこか共通点があるなと
思っていたんだけど、
マッシュルームが似合う女性って
みんなさっぱりしている人が多い気がする!
(でも根拠はない!)

特に流行らせたいスタイルでもないし
似合う人もかなり限られている気がするけど
少しでもヘアスタイルの参考になればと思い
特集してみましたー!

洞爺湖の旅

  • Posted by: jun
  • 2021.08.02 14:14

先月、ちょっと早めの夏休みで北海道の洞爺湖へ
行ってきました。
夏休み前から何人かのお客さんと洞爺湖へ
行くという話はしていたのですが、
行ったことのある方はほとんどなく
あまり情報がないまま
いつものごとくあまり調べることもしないまま
行ってきました。

ACFBE8F5-538E-4F8C-BF78-59F50800D9CE.jpeg

これが洞爺湖です。
なんで洞爺湖を選んだんですか?ってよく質問されるんですが、
泊まってみたいホテルがあったんです。
we hotel Toyaという隈研吾さん建築のホテルを
何かの写真で見つけて、このホテルでのんびり過ごすのもいいなと
思ったんです。
で、このホテルを予約して航空券もとってあとは行くだけ!
ってときに何とホテル側から連絡があって
経営悪化に伴い臨時休業することになりましたと言われ
一度は行くのもやめてしまおうかと思ったのですが、
1週間前で他の候補地も思いつかず
他のホテルを探したところ素敵そうなホテルを
予約できて気を取り直して行ってきました!
こうゆうとき、わたしは落ち込む性格なのですが
酒井は気持ちの切り替えが早いのが助かります(笑)


C695AF3A-253C-427F-97C3-F85C40407438.jpeg

ホテルの部屋から見えた洞爺湖
毎日の夕方になるとどこからともなく霧が出てきて
10分もするとあっという間に窓の外が真っ白で
何も見えなくなる時間帯がありました。
とても幻想的で初めて見た日は感動しました。

E024E220-2521-4CC6-95EC-286AE29B05C7.jpeg

5019F226-F84D-46B9-A2BB-377F4BE0BDBB.jpeg

贅沢なものでこれが毎日続くと
また霧が出てきたね、ちょっとやだね...って会話に変わっていました。
このくらい景色が見えつつだと幻想的なのですが
一瞬にして視界がなくなるくらい真っ白になってしまうのです。

梅雨はないけど、この時期は霧がよく出ると
ホテルの方が言っていました。

このホテルの場所の標高が少し高かったのと
海と山に囲まれた地形の影響なのかな。

AD87C931-76D8-4ED9-93B2-DCC68CD0482A.jpeg

毎日何をしていたかと言うと
とにかくドライブをしていました。
わたしは車の免許を持っていないので
毎日酒井が朝から夕方まで運転。
わたしは隣でGoogle mapをみながらナビ役と
BGM担当。
今回カーナビってかなり使いにくいなと思った。
Google mapはやはり素晴らしく使える。
今更かもですが。

5E6C1F7C-409A-4E8E-A5D7-B127121663B3.jpeg

ドライブの途中、国道沿いでみた蟹のお店の看板の
付属の熊
めちゃくちゃでかくて
隣で運転してた酒井も
『熊の写真撮っておいて!』って
焦って言うくらい迫力がすごくて
ちょっと怖かった。
もともと行く前からヒグマ情報がすごくて
出会ってしまったらもう無理だな...と
かなり熊に敏感になっていたから。
まわりには笑われますが、ヒグマのことを検索すると
そうとう怖い記事が沢山出てきます。
そしてわたしは年を重ねるにつれ
年々怖がりになってきています(笑)


話はそれましたが
こうゆうスケールの大きい看板が多くて
あー、北海道にいるんだな今って
何度も思った。
やはり広い大地のせいか建物も看板も
こんなに?って思うくらいでかい。

E883DF79-BD52-4CA2-B41B-EFA50DABF090.jpeg

海もせっかくなら見たいなぁということで
室蘭の海へ
室蘭と聞くとわたしは心の中で必ず
『室蘭台風』とつぶやいてしまうのですが、
酒井に言ったら知らないと言われてしまいました。
台風ニュースのとき昔よく室蘭台風くらいすごいやつが
来るとか比較に出されていて
多分大昔の台風なんだけど、
わたしの中で室蘭台風という響きは
とても恐ろしい存在なんだけど
もはや『室蘭台風』って言いたいだけに
なりつつある(笑)

1EB9C9F9-6845-4DA6-84DD-B9F617CCB9B4.jpeg

B8AC189D-1626-4299-9C15-2ADFAB727204.jpeg

そんなに運転が好き!ってわけではない酒井が
毎日頑張って運転してくれました。
多分普段使わない神経を使っていたせいで
ホテルに戻ってくると
びっくりするくらいずっと寝てました。
せっかく素敵なホテルに泊まってるのに
なんなのこの人は!って最初は思ってましたが
運転で疲れてるんだな...と思って
わたしは毎晩一人で
お酒を飲みながら
家では映らないNHK BSを観たりして
楽しんでました。

BD04B155-230E-450F-BC5C-5057C2230A66.jpeg

これは北海道のセイコーマートって言う
コンビニ限定のオリジナルベルギービール
テレビのCMで気になって買ってみたら
安いのに美味しくてビックリ。
オンラインでも買えるから興味のあるかたは是非!
わたしも近々買ってみよう。
あとはサッポロクラシックの北海道限定も
美味しくって普段はあまり飲まないビールを
毎日飲んでいました。

43E9CA8B-5D46-47E9-9932-457FF220C651.jpeg

あとはホテルの朝食で毎朝出てくるシャンパン。
普段、シャンパンもあまり飲みませんが
こんな贅沢な時間はないと思い
欠かさず毎朝飲みました!(アル中ではないです)
この写真をインスタのストーリーに載せていたら
『朝シャン、わたしも好きです!』ってコメントがきて
朝シャンということを知りました(笑)


07E1A25C-2FE4-4415-984C-17252A695308.jpeg

とくに観光もせず、毎日いい景色だけをみて過ごして
大自然の中で日常から少し離れた時間は
頭の中もからっぽにして
仕事のことや心配事など考えずに
ただただ目の前の景色をみて心を無にすることが出来て
たまにこういう時間を持つことの
大事さを改めて実感した旅でした。

ボブ色々

  • Posted by: jun
  • 2021.01.24 16:16
  • beauty

久しぶりのブログです。
今日は色々の長さのボブを紹介したいと思います。

一時期はボブのお客様が多すぎて
ボブしか得意じゃないと思われるのが嫌で
あまりインスタでも載せないようにしていたくらいですが(笑)
ボブはたしかに得意なので
この際載せていこうと思います。

10AC9284-317E-4E0B-93FF-D10D50C8A5FD.jpeg

26102485-DA23-4FB0-81B9-35C63BAE75C8.jpeg

よく登場する、ひとみさん。
彼女はショートからくりくりパーマまで
似合うスタイルの幅がすごく多いです。
少し前まではブリーチのボブだったのですが、
今度あるブランドの撮影があるのでそれに合わせて
ブルーブラックに染めて、ラインもぱつんとさせました。
ブリーチベースだったので
ブルーブラックが綺麗に出てます。

このくらいコンパクトなボブは冬の洋服に
合うのでこの時期とてもおすすめです。

4BFD84DD-CFF9-4E3D-AC07-A2951C8DB311.jpeg

EB7DEB91-8D14-4E4F-B394-C0F0E4AB3BC7.jpeg

次は黒髪で少し長めで切りっぱなしのボブ。
彼女はこの日ロングからの20㎝バッサリいきました。
毛量が多いのであまり短めより
少し長めの方がおさまりもよくて大人っぽい雰囲気に。
すこし癖があるので質感調整のパーマも
してます。
今のストレートパーマはまっすぐになりすぎないので
本当に扱いやすいです。

長めのボブは首の長さとの兼ね合いもありますが、
少し大人の雰囲気の人におすすめです。

2F3375EB-1048-48BB-87EF-651C1AEA6906.jpeg

いつもお任せにしてくれるソニアさん。
この日は前髪短めのボブに。
前髪短めのボブは子供っぽくなりやすい心配もありますが
眉毛見えるか見えないかの長さより
少し短めくらいの方がいさぎよくてかわいいと思います。
彼女は前髪を短くしたら
サングラスとのバランスが良くなったのと
ボーダーのカットソーが
とても似合うと報告してくれました。
たしかにその感じかわいいね。
その人が普段着ている洋服とのバランスを想像しながら
ヘアスタイルを考えるのがとても好きです。


422B1FBC-D10E-4C68-BF4C-112F76B147D8.jpeg

AA16E014-46D8-4033-9080-F98961048129.jpeg

最後は短めのボブの毛先にパーマをかけたスタイル。
ボブの毛先にパーマをかけておくと
とてもスタイルが長持ちしてスタイリングも楽です。
ぱつっとボブに飽きたらこちらもおすすめです!

色んなボブを紹介させて頂きましたが
他にももっとたくさんあります!

ボブ人口は多いですが、
人それぞれの輪郭や髪質、髪の生え方、襟足の位置
によって見え方はかなり違ってくるので、
結果それぞれ違ったボブになると思います。
あとはハイトーンとの相性もいいので、
カラーで遊びたい人にもおすすめです。

参考にしてみてくださいね!

何かと何かの間の色

A3ACE749-8E7D-49B0-8435-11A35A7D3C34.jpeg

最近よくやる色。
ラベンダーとグレーの間みたいな色。

こうゆう色は髪色じゃなくても好きな色。

パキッとじゃなくて、グレーでくすませると
ちょっと派手なベースの色も大人っぽくなって
いいですよ。

ラベンダーが入っているとブリーチの
色落ちの仕方もすごくきれい。

5CDAD6CA-D89C-443C-A3C7-E274EA1EB82F.jpeg

A7FC0B52-A0DF-4077-84BA-FD8678DF44FA.jpeg

ヘアスタイルは切り揃えたボブ。
多分わたしが最も得意としているスタイル。
早津さんボブしか切れないんじゃない?って
思われたら困るから
今まであまりアピールしてなかったんだけど(笑)

切り揃えたボブにちょっと攻めたカラーの
組み合わせはオススメです。
特に大人女性がブリーチするときは
ヘアスタイルは極力シンプルにすると
変な派手さが出なくていいです。
大人女性は変な派手さを出さないは
永遠のテーマでもあります。
攻めるのはいいけど、
変な派手さはダメ絶対!(しつこくてごめんなさい)

2CB6EA36-B81E-4370-BE41-E2BF87BB90E1.jpeg

こちらも同じグループの色。

ブリーチを2回して赤みをとって
ラベンダーとグレーの合いの子をのせてます。

7A21EDA9-92EF-461F-98BB-7E91A02F3E92.jpeg

ショートヘアにも合います!
しかし、ウェストがめちゃくちゃきれいですねぇ〜

5CD53B72-9B28-4332-805E-8B8FF8C9FEB5.jpeg

こちらはベースに細かくブリーチでハイライトを
いれてます。
ずっとそれを繰り返しているのと
毎回アッシュ系の色をのせているので
カラーが育ってきている状態です。

これは一回のカラーでなかなかここまでの
状態にするのはとても難しいので
2.3回かけてやるようなイメージです。
育てるカラーだと思っています。
なので、毎回がらっと色を変えたい人には
あまり向いてないカラーではあります。

F93E932C-FB6D-44D0-9F66-9E2B009885DE.jpeg

このカラーのいいところは
ただのひとつ結びだけで
かなりニュアンスが出るところです!
ポニーテールも合いそう♡


8839755A-FF7E-42A8-A295-AE32B1DFB927.jpeg

こちらはグレーとオリーブの中間の色。

ブリーチはしてませんが、
ベースがかなり明るいところにのせているので
一度のカラーでもかなりきれいに色が
入りました。

06459921-538B-4AE7-9690-CF27F01C730E.jpeg

髪質がとても良いお客さまで
外国人の地毛の色みたいな
絶妙な色になりました。

オリーブ系のカラーは肌色によって
似合う似合わないがかなり出る色なので
スタイリストに相談してみてください。

ちなみにわたしは肌色が黄色ベースなので
オリーブ系の色をのせると顔色が
悪くなってしまいます(涙)


DC323A1C-0C37-4FED-A593-59D291D94AFF.jpeg

今まで紹介した色とは対照的な色。
オレンジとピンクを混ぜたような色です。
友達が夕日みたいな色だね!と言っていて
まさにそんなイメージの色です。
ストレートヘアよりも癖毛だったり、
こんな感じのくるくるした
パーマスタイルとの相性がいい色です。

529335E8-7F2B-46B4-8544-2804A7A818BF.jpeg

最後はこちら。
ネイビーブルー。
なるべく濃いブルーにしたいとのリクエストが
あり、お店にあるブルー系のカラーを総動員して
やったのがこちら。

結果的にデニムみたいなインディゴ色になりました。

この色こそ、誰でも似合う色ではないのですが、
個性の塊みたいな人がやったら似合うんですねー。

この方は顔立ちがきれいなので、
毛先がちょっとボサボサくらいのバランスが
完璧すぎなくていいのかも。
彼女はカラーでよく来てくれるのですが
かれこれ半年以上はハサミをいれてないような。
全てが完璧ではない方が好きです
何に置いても。

ところで
カラーは昔に比べると
かなり進化しています。
ブリーチも以前よりも傷みにくくなったし。
繊細な色は大体がブリーチが必要だったり
しますが、
その分のせる色がきれいに入るので
担当スタイリストに相談してみてください!