Home > diary

diaryArchive "book"

夏になると恋しくなる

  • Posted by: yuki
  • 2020.08.09 21:21
  • book

大人になってから夏が好きです。

子供の頃、田舎へ長い期間連れて行かれ
友達に会えない夏休みが大嫌いでしたが
田舎の夏も今は大好きで、なかなか行けないからこそ
恋しくなります。

そんな夏になると、懐かしんで開きたくなる
宝物の写真集。

BAF0BEBC-9F25-464A-A27F-FE34C929EA08.jpeg

EFCE3532-647E-4026-9428-DD1768ABE67C.jpeg

大好きな藤代冥砂さんの撮る高橋マリ子さんの写真集

"太陽とハチ蜜"

D4F777A9-7200-40B5-8006-77BBFBCCC4B6.jpeg

この1枚に魅了され必死に探したのを覚えています。
夏の汗ばんだヘアスタイルも、衣装も
たまらなく、好きです。

藤代さんの写真集は奥さんの田辺あゆみさんを撮り続けたこちらも好きです。
23F1B220-3196-47E3-97FF-AAF35EEC33D0.jpeg

こちらは1と2と2冊offにも置いてあるので皆様も、見てみてください◎

OFF19 Track1

さて、現在お配りしているOFF 19th Anniversary Mix CDに収録されている曲について順に紹介していきたいと思います。

そもそもの今回のCDの経緯としてはOFFに5年くらい在籍していた僕の親友が独立して8月で10周年ということで作ってくれと頼まれたのがきっかけでした。
5月の終わり頃のいい季節に初夏のイメージでスタートして選曲しました。
なんせ5月頃は家で過ごす時間もまだ長く、散歩したりと非日常が続きその不安定さと鬱屈した少しダルっとした気分が反映されながらも気持ち良さはキープされた選曲になったと思います。
そこで相談してOFFの19周年にもさせてもらいました。

話は戻して
なんせ全部で14曲あるのでいつ終わるのか...サクッといきたいところですが気長にやる気持ちで望みます。

1曲目はイギリスの写真家で音楽家のSteve Hiett(スティーヴ・ハイエット)が1983年に発表したアルバム『渚にて...』 (Down on the Road by the Beach)からの1曲目Blue Beach - Welcome to the Beachです。
レコードジャケットはこれです。彼自身の写真です。いいジャケです。
64683186-E98C-4EC3-B888-D89C937475A9.jpeg
ずっとレコードでしかなかったんですが何年か前にようやくCD化したので気軽に聴けるようになりました。35年以上経ってからCD化、今現在はAppleMusicにはなさそうですね。違うアルバムはありました。

ハイエットは絵画を学んだ後、グラフィック・デザインを学び、その後音楽で60年代よりプロのミュージシャンとしてバンド活動、70年代より「Vogue」や「Marie Claire」等のファッション誌で写真家としても活躍してます。
マルチの才能があり過ぎてすごいの言葉しか出ませんが...すごいです。

お店にはハイエットの写真集をおいてます。
これは2015年に刊行された50年に及ぶハイエットのキャリアを総括したレトロスペクティブです
2D5371E5-1F6D-46E1-9D0E-B589E8182F29.jpeg
1960年の幼少期の写真から始まります
気になる方は続きはお店でご覧下さい
63265D30-CCA4-403F-9A9C-0FE1A87131D2.jpeg

お家での楽しみ方

  • Posted by: yuki
  • 2020.04.10 21:21
  • book

2020年、年始からオリンピックに向けて

目まぐるし毎日の始まりかと思いきや

思わぬ家時間。

何をしたら良いのか忘れかけていたけど

元々は大好きなお家時間。

片付けしたり、お料理をいつもよりしてみたり。

大好きな香りでまとわりつかれたい私は

お家ではお香派なのですが、

お休み中も気分を上げる為こちらは楽しみな1つ。

apotheke fragranceのFIGという

香りが大好きで

お香と、アロマキャンドルを愛用中。

82137F84-C215-402C-AE5A-AF90D9D24CE7.jpeg
ABB4FE11-DACD-422B-A533-81850A1BF7E6.jpeg

このキャンドルがまたさり気なくて本当に癒される

愛おしい香りです。

色々な香りとお香やキャンドルだけでなく

種類も豊富なのでおススメです。


買ったのに全然読めてなかった本も2冊読破。

31CDD861-E70C-4E38-8EE7-FC312A133D32.jpeg

本は好きですし読んだ方が良いという考えなのですが、

1つの事に集中しやすい私は

口パクで読まないと読めないタイプで
読破するのにものすごい時間と集中力を使います。(たまに声出しちゃうので家でしか読めません)

なので読書をできる時間は私にとっては

とっても贅沢な時間です。

西さんの本は言葉が大好きです。


皆さんもお家でどう過ごされているのか、

お店でゆっくりお話できる日を楽しみにしています!

映画から本

新幹線がどうも苦手で、首と腰が固まるのか上手に過ごせなくていらいらしがちを治したい

連休を使って京都に帰省していた私の帰りの新幹線の中を癒してくれたのは

何十回と見てるかもめ食堂 あー癒された 

↓家のテレビで必死に写真を撮ったので荒くてごめんなさい

yukiiii5izumi191010.jpg

yukiiii5izumi1910102.jpg

このシーンのもたいまさこさん好きです

 

美味しそうだなー好きな色の使い方だなーとか、フィンランド行きたいなあとか

見終わった後は、その映画のことを掘り下げて調べるのがいつもの癖

何回目かわからない、かもめ食堂のwikiも目を通し

片桐はいりさんの本にたどり着きました

yukiiii5izumi1910103.jpg

漫画は得意だけど、小説とかの活字を読むのは苦手な私

これは久しぶりに全部読めそうだなと冒頭からわくわくしています

olive

 

友達の家に大量にあるオリーブという雑誌を読み漁り。

あーなんでこの雑誌なくなったんだろう。

simu2019711.jpg

asushimu20190701.jpg

asushimu220190701.jpg

asushimu320190701.jpg

この雑誌の中のヘアスタイル、ファッションはもちろん、綴られている言葉や文章、

青春時代にこれを毎刊楽しみにドキドキしながらページをめくる女の子を想像するだけで素敵。可愛い。

スマホやインターネットなんかまだ今みたいに普及していなかったそのころの時代に青春時代を生きていたら、、と

たまに考えて羨ましくなったりする。

とにかくこのオリーブという雑誌は何年たっても女の子の憧れです!