Home > diary > 香りのこと

diary

香りのこと

  • Posted by: utsugi
  • 2021.05.31 16:16

 

香りのこと。

この状況下で家にいることも増えて今までよりさらにこだわるようになった香り。

社会人になったハタチの頃から香りものにこだわるようになり、食費を削ってでも香水を買っていました。笑

一日の始まりに気合いを入れたいとき、帰ってきてリラックスモードになるとき、休日の気分に合わせて選ぶ香りなどその時々で気持ちの切り替えを手伝ってくれて私にとってかけがえのないものです。

 

最近気に入って使っているものを紹介したいと思います!

 

 

18134B47-31FD-4A0F-8E48-41856FE633CC.jpeg

左から、

◎サンタマリアノヴェッラ ローズウォーター

1381年には既に発売されていたとされる、現存する最古のレシピ作られているローズウォーター。

当時はワインで薄めて飲んだり、ペストが流行した際の消毒として体をふいたり、家に撒いたりしていたそうです。

そんなに保湿力があるわけではないのですが、さっぱりしたい時の拭き取り化粧水として使ったり、朝の寝ぐせ直しとして使うとふんわり香りを纏えます。

あとはリネンウォーターとしてベットや洋服にスプレーしたり、最近はマスクの外側にひと吹きして癒されています。

 

◎サンタマリアノヴェッラ オポポナックス

これはほんとーーに大好きで何本もリピートしている香水です。

香水は女性らしい香りのものよりユニセックスな、どちらかというと男性ぽい香りが好み。

尚且つやりすぎない、自然になじむ香りが好きなので出会ったときには感動しました・・・

オポポナックスはソマリア原産の植物で、神の儀式で焚き込めたり、ワインの香りづけに使われていたそうです。

オリエンタルでウッディな香りで、最高に癒される香りです。

背伸びしすぎず、自分らしくいられる香りなので朝も、夜寝る前にも付けています。

サンタマリアノヴェッラは香水だけでも40種類ほどあるので必ず好きな香りに出会えると思います!

 

◎オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー  ユイル・アンティーク

ビュリーも1803年からあるフランスの老舗ブランドです。

こちらはセサミとアプリコットのオイルが配合されたフレグランスボディオイル。

お風呂上り、濡れたままの肌にマッサージするように馴染ませるとすっごくもちもちになります(^O^)/

肌はもちろんですがスタイリング剤として髪にも使える万能オイル!

私はリケンデコスというグリーンモス(苔)とガルバナムという樹脂系の深い森の中にいるようなウッディでスパイシーな香りを使っています。

 

 

F82D83C2-5F61-4718-9562-6E4D7765ACB4.jpeg

◎パロサント

こちらは香木なのですが、直接火をつけると煙が立ち上るのでそれをお香のように部屋で焚きます。

少し甘いけどすーっとするようなリラックスできる香りです!

インカ帝国の時代からヒーリングや清めの儀式に使われていたそうで空間の浄化にいいそうです。

寝る前に焚いて家中を歩き回っていい香りを巡らせてから寝ています♪

セレクトショップやビュリーでも買えるのでぜひお試しください!

◎ディプティック フレグランスキャンドル サンタル

白檀に近い香りのキャンドル。

ウッディさに少し甘さの感じる香りで寝る前に焚いてます。

ディプティックも香りの種類がかなりあるので好みのものが見つかると思います!

 

最近の香りもの事情でした(^^)/

皆さんからのおすすめもぜひ教えていただきたいです!!

kurumi

Feeds