Home > diary > cinema > やっと見終わりました

diary

やっと見終わりました

  • Posted by: arakawa
  • 2020.07.11 20:20
  • cinema

こんにちは!

前回ネットフリックスで見ていると少し紹介させて頂いたのが、3ヵ月ほどかけてやっと見終わりました!ので紹介させていただきます

 

2008年に出ていた話なんですが、すごくお勧めされてみることに、、、

araimage0.jpg

 

アメリカで化学の先生をしているウォルターとその4人家族の話なんですが、病気になり余命わずかと宣言されて自分がいなくなってからの

家族のために稼ぐ話で、ただ稼ぐだけではなくどんどん悪になって落ちていく感じがまずドキドキします(笑)

 

あまり普段殺し合いとか激しい感じのものは大体目を閉じてしまっていたのですが、最近大丈夫になってきたみたいで

帰宅してから寝るまで見てしまっていました。

 

たぶん少し主人公のその仕事にめり込み過ぎていってしまう感じが、リアルとゆうか現実味が少しあって考えさせられました。

 

1話で50分くらい、1シーズンでも20話ほどあって話が長いんですがシーズン5まであります(笑)

 確かシーズン3くらいでクリステン・リッターが出てくるんですが、本当にかわいくて黒髪に憧れて髪を暗くしました・・・

 

話の内容を少しもどって、、、

貧乏な生活のなか余命宣告されたウォルターは科学の先生なのでその知識を使って元生徒と薬物製造に手を出していくんですが、その薬物が今までにないくらいのクオリティーになって人気が出てしまいそこからの家族との仲や周りの人たちとの話です。これ以上書くとネタバレ過ぎて上手く伝えられないですが(笑)

ウォルター役のブライアン・クランストンの、最初のころとの表情が違って演技力にも見入ってしまいます。

終わり方も綺麗すぎない終わり方で最後までドキドキしますし、胸が苦しくなりました・・・

 

話は長くてシーズン4あたりで見るのやめようかなって思うんですが、どんどん激しくなってくる感じがとっても面白いのでおすすめです!

Feeds