Home > diary > えいが日記

diary

えいが日記

  • Posted by: utsugi
  • 2020.12.05 12:12

 
最近観てよかった映画を紹介したいと思います!! 
 
 
1.DO THE RIGHT THING (1989)

3D803546-7C8D-474D-8E67-258BA5A5C8DE.jpeg

スパイク・リーが脚本・監督・主演を務めたアメリカの抱える人種差別問題を描いた映画です。
前半はブルックリンの愉快な黒人コミュニティの日常で笑える描写も多いのですが、些細なことがきっかけで日々の鬱憤やそれぞれの人種の正義を振りかざし平和な日常が一変、、後半は釘付けになって観ていました。
もう30年も前の映画ですが今も変わらず同じような人種差別による事件が起きていてかなり根深い問題なんだなと改めて考えさせられました。
映像も長回しのカメラワークや遠くからのズームなど面白い演出が多くて引き込まれる作品でした!
同じくスパイク・リー監督の『ブラック・クラインズマン』もコメディを交えつつ人種差別問題を取り上げていてとても分かりやすかったです。
 
 
 
2.サマー・フィーリング(2016)
 
2C74FB4E-D1A1-473F-A289-B14300C9DA76.jpeg
 
『アマンダと僕』のミカエル・アース監督の映画。
恋人を突然失った主人公がベルリン、パリ、ニューヨークと3つの都市、それぞれの夏を過ごしていく様子を美しく繊細に描いている映画です。
劇的な表現はないけれど、ゆったりと柔らかくてなんだか包み込まれるような優しい気持ちにさせてくれるお話でした。
それぞれの都市らしさも感じられて旅行のできないこの状況を少し満たしてくれます!お勧めです。
 
 
 
3.オン・ザ・ロック(2020)
 
2588A3D8-92B9-4E26-B04E-08CDFF9E4C09.jpeg
 
大好きなソフィア・コッポラ監督の最新作!!
ソフィア・コッポラとビル・マーレイの組み合わせ、、やっぱり最高でした。
今回はニューヨークが舞台で、設定も惹かれあう男女ではなく親子の話ですが、少しづつお互いを認めあっていく様が大都会で繰り広げられるのが『ロスト・イン・トランスレーション』を彷彿とさせるお話でした。
お父さん役ビル・マーレイのおちゃらけて軽いノリの感じ、親子の話の掛け合い、いい所で流れるチェット・ベイカーの甘い歌声、、
個人的今年1の映画でした。DVD出たら絶対に買おうとエンドロール中に決めました。笑
かなりお勧めです!!!
 
 
お話する機会がありましたら皆さんの今年1位の映画も教えてもらいたいです!
 
 
kurumi

 

Feeds