Home > diary

diaryArchive "2020.07"

BGM20200 / De Conversa / Cravo E Canela

  • Posted by: sakai
  • 2020.07.31 22:22
  • music

今日でJulyも終わり
明日梅雨明けでしょうかね

Caetano Veloso/1972

梅雨

  • Posted by: riku
  • 2020.07.29 20:20
  • etc

先日、久しぶりにフィルムで写真を撮りました。

雨の日。

rikuriku202007291.jpg

rikuriku202007293.jpg

rikuriku202007292.jpg

rikuriku202007294.jpg

梅雨、長いですね。長すぎますよね。

でも雨の日に撮る写真もこれまたいいなと思えました。

晴れた日に写真を撮れたらまた載せさせてもらいますね。

ホラー映画愛好家

  • Posted by: kuramoto
  • 2020.07.26 17:17

基本的には理解してもらえませんが、僕はホラー映画が大好きです。

年間何本ものホラー映画やサイコスリラー作品を観ていて、あれ見たことある?と聞かれる様な作品は大体見ています。

大半の方と同じように自分も幼少期はホラー映画が大の苦手で、かの有名な着信アリのBGMを聞くだけで号泣していました。

ところが何を思ったのか、一度しっかりと集中してホラー映画を観てみようと思い立ち、

日本の傑作ホラー「灰ぐらい水の底から」を鑑賞しました。

内容は物凄く怖いのですが、終盤は感動する物語になっているホラー映画で、その緩急がとても面白かったんです。

ホラー映画は怖いだけと思われがちですが、基本的に伏線などが張り巡らされていて、尚且つ物語がしっかりしているものが多いんです。ハラハラした緊張感を味わいながら濃い内容の物語を楽しめるので、見終えた後に疲労感と満足感の両方を感じられます。

言うなれば絶叫マシーンと同じ感覚ですね。

今はホラー映画を見ても基本的に怖いと思う事がなくなってしまい、日々心からゾッとできる映画が無いかを探しています。

ゾッとする様な怖い作品をご存知の方は是非教えて頂ければ幸いです。

ホラー映画愛が溢れて長くなってしまいましたが、今回はそんなホラー映画愛好家の僕が個人的にこれは怖かった、面白かったと感じた作品を1つ紹介したいと思います。


「ドント・ブリーズ」


900D118A-87D8-4869-853F-7D9354FD1B1D.jpeg

割と有名な作品なので見られたことのある方も多いと思いますが、所謂お化け映画ではなくヒューマンサイコスリラーです。

軽くあらすじを説明させて頂くと、とある学生の空き巣集団が、失明したおじいちゃんの家に大量のお金が保管されているという情報を耳にし、格好の餌食にできると考え余裕しゃくしゃくでそのおじいちゃんの家に侵入するのですが、そのおじいちゃんは実は元軍人のサイコパス。逆に閉じ込められ家中を追いかけまわされるといった話です。

そのおじいちゃんは目が見えない生活に慣れているので家の中で自在に動き回れますが、普段目の見えている生活に慣れている人が部屋を真っ暗にされたらまともに身動き取れませんよね。それに踏まえて、題名の通り息をするほどの小さな物音にも反応するとても耳のいいおじいちゃんなんです。

そんな状況下で追いかけまわされる恐怖やたるや、、

こちら、全て序盤に明かされる情報でまだまだ盛り沢山な内容ですのでご安心を。
(酒井さんにいつも勧めてくれるのはいいけど話し過ぎだと怒られます)

自分はこの作品を映画館で見た時に今までで一番恐怖を感じ、その緊迫感からか見終えた後に物凄く疲弊しました。視聴者側を引きこむ様な構成で作られていて見ているこちらまで息を止めてしまうほど。

只、映画館で観たという点も恐怖の助長に大きく関与しているかもしれないので、これからご覧になる方は部屋を真っ暗にして、音量を大きくしてご覧いただけたら、臨場感、先入観が倍増してより楽しめるかと思います。

もしこの記事を読んで観て下さった方がいましたら、是非感想をお聞かせ頂けたら嬉しいです。

他にも紹介したい作品が沢山あるので、このホラー映画の紹介はシリーズ化して定期的に更新していきたいと思います。


次回も是非お楽しみに。



Continue reading

しあわせ異国料理

  • Posted by: yuki
  • 2020.07.24 20:20

6月下旬から7月頭、束の間の自粛明けに
友人とのランチを楽しめたのでそこで食べた美味しかったものをご紹介。

最近どこ行く?となると
もっぱらタイ料理やら、ベトナム料理やら、異国ランチしてます。

こちらは有名な代々木公園近くの
ベトナム料理ヨヨナムさん。

私はこの混ぜご飯が大好きです。(あと3杯いけました)
個室が予約てきるのでこの時期もおすすめです。

B2A636DD-DADA-406C-B403-69E61A57FD8B.jpeg

こちらは恵比寿のバンデルオーラの鴨の煮込みとクスクス。
379F4B58-4252-4BE6-AFAD-15E04C8E6205.jpeg

見た目の10倍美味しいです。
クスクスが苦手だった友人も、美味しいと絶賛していたので
苦手な方もおすすめです。
とにかく上に乗ってる煮込みが美味しすぎました。


この後必ず甘いものを食べに行くのが私と友人たちの
お決まりの幸せランチです。
この日は絵に書いたようなかき氷。

7F66918A-33CD-4FCD-9E0B-E04E785925D5.jpeg
まだ今年の日本にはかき氷は早く、凍えました。

また思う存分外で楽しめる日がはやく来ますように〜!

Ours

  • Posted by: utsugi
  • 2020.07.16 11:11


先日、ずっと計画していてなかなかできていなかった撮影を実現することができました。

テーマは"Ours"
Our body, Our skin, Our soul, Our beauty...
 

7749A2BE-565E-486C-9287-F96B0365FDF4.jpeg
 


髪色・肌色・目の色が違う3人のモデルさん。
みんな違うけどそれぞれ違ってていいし生まれ持った美しさに誇りを持とうと願いを込めました。
(これは私の解釈なので誘ってくださったカメラマンのまおさんにはもっと深い意味が込められていると思います!)
 
B8C3AA64-DD33-4823-83FA-B983AE630EF9.jpeg
 
3人同時の撮影は初めてだったので撮影当日までどきどきでしたがあらちゃんのアシストもありなんとか乗り越えました!
 
 

それぞれの美しさを引き出せるようにスキンケアにたっぷり時間をかけて内側からツヤが滲み出るようにベース作り。
あくまで主役は彼女たちなので主張しすぎずそっと美しさを底上げできるよう意識してメイクさせてもらいました。
今回メインに使おうと新調したのがまだ日本未上陸でNYに店舗がある『Glossier』のコスメたち。
 
2E3F6E70-FB54-4B9B-A4C0-F3EBE33F7F42.jpeg 

Glossierは肌本来の美しさを引き出し、パラペン・アルコールフリーで肌にも優しい処方。
尚且つ動物実験をしないというブランド理念が魅力的なコスメブランドです。
気になった方はぜひ調べてみて下さい♪ 
 
 
FC488441-0D65-4447-9197-BE8BFE5C7590.jpeg
 
それぞれの個性が際立ってとても素敵な仕上がりになったと思います!

みんなが当たり前のように違いを認めあえる世の中になれたらとしみじみ感じた撮影でした。
 
FBE57074-C6E4-472F-A96A-06B0E8D6F953.jpeg
 
 
kurumi