Home > diary

diaryArchive "2020.05"

えいが日記

  • Posted by: utsugi
  • 2020.05.22 11:11
  • cinema

  

私の中で恒例となってきました。月1で映画を紹介できたらと思います!

今回は私の大好きな70年代が舞台の映画を紹介します。

 

1.バッド・チューニング(1993)

 

ED9A3476-A9D5-459B-9A25-73EDD4C3A551.jpeg

舞台は70年代テキサスの高校。

新入生への謎の洗礼、パーティー、ドラッグ、ロック!な青春ムービーです!笑

はちゃめちゃ具合と70sのファッション、そしてサントラもすごくいいです。

まだ駆け出しのミラ・ジョヴォヴィッチが出ているのですが恐ろしいくらい可愛い。。。

他にも見た事のある俳優さんたちがちらほら。

女神のようなミラ・ジョヴォヴィッチ目当てにみても価値のある映画です!

 

 

2.HAIR(1979)

 

4F55AEFF-0F56-40C9-9FF4-66302BC5A578.jpeg

元は1967年初演のミュージカルを『カッコーの巣の上で』のミロシュ・フォアマンが監督し映画化したもの。

舞台はアメリカ、ニューヨーク。

ベトナム戦争の最前線に向かうこととなった田舎から出てきた青年が召集令状を火にくべて

自由奔放に生きるヒッピー達と出会い友情を深めていく物語。

歌って踊ってバカ騒ぎして、のハッピーミュージカル映画かと思いきや戦争について考えさせられる意志の強い映画です。

そしてヒッピー達のファッションが最高です!!

 

 

3.色即ぜねれいしょん(2008)

 

A76DFA7C-2D81-4D8D-90B2-B5FD005F3DA4.jpeg

1974年の京都、夏。

ボブ・ディランを尊敬しロックな生き方を探す男子高生の主人公が同級生から隠岐島へ行けばモテモテになれるという言葉を信じギター片手に旅へ向かうお話です。

高校生の淡くてふわふわした青春、くだらない事にダサいくらい必死な高校生たちが愛おしくなる。笑

私の大好きなみうらじゅんさんによる小説で監督は田口トモロヲさんという最高映画です。

今もきれいですが若くてぴちぴちの臼田あさ美さんがほんとーにかわいい!!!

家庭教師役のくるりの岸田さんのいい加減ぷりもいいです。

おすすめです。

 

時代でくくるのも考えるのが楽しかったのでまた紹介できればとおもいます!

 

kurumi

最近の服

  • Posted by: arakawa
  • 2020.05.20 11:11
  • fashion

こんにちは。

 

去年からお気に入りにのアフリカなワンピースがやっと着れる季節になりました~

こちらは不意に入った下北の古着屋さんでこれはやばい!って即買いしたワンピースです(笑)

maho2image0.jpg

買った時は丈が長すぎたのでお直しに出したら、料金が2倍かかりました・・・

色合いもかわいいんです~

 

次は母の着ていた服か布を親戚のおばが可愛いスカートにしてくれたものです~

mahoimage1.jpg

バレリーナがいっぱいいてかわいいです^^

このスカートの丈はなかなか着てこなかった長さですがかわいいので挑戦です~

元々着ていたお洋服や布を新しく変えて着るのもいいですね^^

早く服屋さんでお買い物もしたいです~待ち遠しくてサイトなどずっとみちゃいます

 

また次の記事で新しい服を紹介させてください~~

何かと何かの間の色

A3ACE749-8E7D-49B0-8435-11A35A7D3C34.jpeg

最近よくやる色。
ラベンダーとグレーの間みたいな色。

こうゆう色は髪色じゃなくても好きな色。

パキッとじゃなくて、グレーでくすませると
ちょっと派手なベースの色も大人っぽくなって
いいですよ。

ラベンダーが入っているとブリーチの
色落ちの仕方もすごくきれい。

5CDAD6CA-D89C-443C-A3C7-E274EA1EB82F.jpeg

A7FC0B52-A0DF-4077-84BA-FD8678DF44FA.jpeg

ヘアスタイルは切り揃えたボブ。
多分わたしが最も得意としているスタイル。
早津さんボブしか切れないんじゃない?って
思われたら困るから
今まであまりアピールしてなかったんだけど(笑)

切り揃えたボブにちょっと攻めたカラーの
組み合わせはオススメです。
特に大人女性がブリーチするときは
ヘアスタイルは極力シンプルにすると
変な派手さが出なくていいです。
大人女性は変な派手さを出さないは
永遠のテーマでもあります。
攻めるのはいいけど、
変な派手さはダメ絶対!(しつこくてごめんなさい)

2CB6EA36-B81E-4370-BE41-E2BF87BB90E1.jpeg

こちらも同じグループの色。

ブリーチを2回して赤みをとって
ラベンダーとグレーの合いの子をのせてます。

7A21EDA9-92EF-461F-98BB-7E91A02F3E92.jpeg

ショートヘアにも合います!
しかし、ウェストがめちゃくちゃきれいですねぇ〜

5CD53B72-9B28-4332-805E-8B8FF8C9FEB5.jpeg

こちらはベースに細かくブリーチでハイライトを
いれてます。
ずっとそれを繰り返しているのと
毎回アッシュ系の色をのせているので
カラーが育ってきている状態です。

これは一回のカラーでなかなかここまでの
状態にするのはとても難しいので
2.3回かけてやるようなイメージです。
育てるカラーだと思っています。
なので、毎回がらっと色を変えたい人には
あまり向いてないカラーではあります。

F93E932C-FB6D-44D0-9F66-9E2B009885DE.jpeg

このカラーのいいところは
ただのひとつ結びだけで
かなりニュアンスが出るところです!
ポニーテールも合いそう♡


8839755A-FF7E-42A8-A295-AE32B1DFB927.jpeg

こちらはグレーとオリーブの中間の色。

ブリーチはしてませんが、
ベースがかなり明るいところにのせているので
一度のカラーでもかなりきれいに色が
入りました。

06459921-538B-4AE7-9690-CF27F01C730E.jpeg

髪質がとても良いお客さまで
外国人の地毛の色みたいな
絶妙な色になりました。

オリーブ系のカラーは肌色によって
似合う似合わないがかなり出る色なので
スタイリストに相談してみてください。

ちなみにわたしは肌色が黄色ベースなので
オリーブ系の色をのせると顔色が
悪くなってしまいます(涙)


DC323A1C-0C37-4FED-A593-59D291D94AFF.jpeg

今まで紹介した色とは対照的な色。
オレンジとピンクを混ぜたような色です。
友達が夕日みたいな色だね!と言っていて
まさにそんなイメージの色です。
ストレートヘアよりも癖毛だったり、
こんな感じのくるくるした
パーマスタイルとの相性がいい色です。

529335E8-7F2B-46B4-8544-2804A7A818BF.jpeg

最後はこちら。
ネイビーブルー。
なるべく濃いブルーにしたいとのリクエストが
あり、お店にあるブルー系のカラーを総動員して
やったのがこちら。

結果的にデニムみたいなインディゴ色になりました。

この色こそ、誰でも似合う色ではないのですが、
個性の塊みたいな人がやったら似合うんですねー。

この方は顔立ちがきれいなので、
毛先がちょっとボサボサくらいのバランスが
完璧すぎなくていいのかも。
彼女はカラーでよく来てくれるのですが
かれこれ半年以上はハサミをいれてないような。
全てが完璧ではない方が好きです
何に置いても。

ところで
カラーは昔に比べると
かなり進化しています。
ブリーチも以前よりも傷みにくくなったし。
繊細な色は大体がブリーチが必要だったり
しますが、
その分のせる色がきれいに入るので
担当スタイリストに相談してみてください!

えいが日記

  • Posted by: utsugi
  • 2020.05.09 11:11

 

最近みて心に残った映画を紹介したいと思います。

 

1.幻の光 (1995)

 D94D488C-93D2-4E9A-B36E-52735AF28797.jpeg

是枝監督の長編映画デビュー作品。

江角マキコさんの映画デビュー作品でもあります。

夫を亡くした女の苦しみと葛藤と希望を静かに美しく描いている映画です。

冒頭から基本的に出演者は服が黒。子供ですら黒い衣装。

それと対比するかのように田舎の美しい風景ときれいな光がより悲しみを引き立てるようでたくさんセリフがあるわけでもないのに惹かれてしまう映画でした。

繊細に人の心を描いている美しい映画です!

 

2.ボーイズ・ライフ (1993)

 38F20632-A963-4432-A08B-9A5C68470F36.jpeg

作家で大学教授のトバイアス・ウルフの若い頃を描いた自伝映画です。

舞台は1950年代のアメリカ。(この時代のファッションも素敵です!)

エルヴィスが大好きな少年が男運のない母と心機一転シアトルへ移住し

そこで出会った男と結婚するが徐々に男の本性が現れ暴力夫と化した

義理の父親と対峙し成長していく不良少年の物語です。

若かりしレオ様目当てで観ましたが19歳とは思えない演技力と

憎まれ役のロバート・デニーロがかなりいい味を出してます!

 

3.天才マックスの世界 (1998)

 F7659B71-E894-41C9-AEC7-A8617FE0F749.jpeg

これはもう大好きな映画のひとつ!

ウェス・アンダーソン監督の2作品目の作品です。

頭はいいが風変りな少年マックスの恋と青春を描いた映画。

この後のウェスアンダーソン作品にほぼ出演するマックス演じる

ジェイソン・シュワルツマンとビル・マーレイが最高です。

シュールな笑いが好きな方に是非観て頂きたい!!

ウェスアンダーソンの映画は全部すきで構図の完璧さや衣装・インテリアの色合いも全部すき。笑

信者です。

大好き具合を語ると歯止めがきかなくなりそうなのでこのへんで。

 

またえいが日記書こうと思います!

 

kurumi

お笑い。パート2

  • Posted by: riku
  • 2020.05.08 17:17
  • etc

漫才とコントをこよなく愛する村田です。

だいぶ前にお笑いの記事を書いたのですが、今回第二弾となります。

僕が今はまっている芸人さんを3組ご紹介いたします。

①ニューヨーク

rikuriku202005081.jpg

ツッコミの屋敷さん(右)の毒のあるツッコミが僕は大好きです。

好きなネタは「シェアハウス」「米津玄師」です。

②わらふぢなるを

rikuriku202005082.jpg

ボケのふぢわらさん(右)のサイコパス感がたまりません。

好きなネタは「不動産屋」です。

③ラランド

rikuriku202005083.jpg

男女コンビです。さーやさん(左)は普段OLで、現在事務所は所属していないそうです。

さーやさんの演技が上手くて個人的にツボです。

好きなネタは「はじめてのおつかい」です。

是非、3組チェックしてみて下さい!

そしてパート3も乞うご期待下さい。