Home > diary

diaryArchive "jun"

何かと何かの間の色

A3ACE749-8E7D-49B0-8435-11A35A7D3C34.jpeg

最近よくやる色。
ラベンダーとグレーの間みたいな色。

こうゆう色は髪色じゃなくても好きな色。

パキッとじゃなくて、グレーでくすませると
ちょっと派手なベースの色も大人っぽくなって
いいですよ。

ラベンダーが入っているとブリーチの
色落ちの仕方もすごくきれい。

5CDAD6CA-D89C-443C-A3C7-E274EA1EB82F.jpeg

A7FC0B52-A0DF-4077-84BA-FD8678DF44FA.jpeg

ヘアスタイルは切り揃えたボブ。
多分わたしが最も得意としているスタイル。
早津さんボブしか切れないんじゃない?って
思われたら困るから
今まであまりアピールしてなかったんだけど(笑)

切り揃えたボブにちょっと攻めたカラーの
組み合わせはオススメです。
特に大人女性がブリーチするときは
ヘアスタイルは極力シンプルにすると
変な派手さが出なくていいです。
大人女性は変な派手さを出さないは
永遠のテーマでもあります。
攻めるのはいいけど、
変な派手さはダメ絶対!(しつこくてごめんなさい)

2CB6EA36-B81E-4370-BE41-E2BF87BB90E1.jpeg

こちらも同じグループの色。

ブリーチを2回して赤みをとって
ラベンダーとグレーの合いの子をのせてます。

7A21EDA9-92EF-461F-98BB-7E91A02F3E92.jpeg

ショートヘアにも合います!
しかし、ウェストがめちゃくちゃきれいですねぇ〜

5CD53B72-9B28-4332-805E-8B8FF8C9FEB5.jpeg

こちらはベースに細かくブリーチでハイライトを
いれてます。
ずっとそれを繰り返しているのと
毎回アッシュ系の色をのせているので
カラーが育ってきている状態です。

これは一回のカラーでなかなかここまでの
状態にするのはとても難しいので
2.3回かけてやるようなイメージです。
育てるカラーだと思っています。
なので、毎回がらっと色を変えたい人には
あまり向いてないカラーではあります。

F93E932C-FB6D-44D0-9F66-9E2B009885DE.jpeg

このカラーのいいところは
ただのひとつ結びだけで
かなりニュアンスが出るところです!
ポニーテールも合いそう♡


8839755A-FF7E-42A8-A295-AE32B1DFB927.jpeg

こちらはグレーとオリーブの中間の色。

ブリーチはしてませんが、
ベースがかなり明るいところにのせているので
一度のカラーでもかなりきれいに色が
入りました。

06459921-538B-4AE7-9690-CF27F01C730E.jpeg

髪質がとても良いお客さまで
外国人の地毛の色みたいな
絶妙な色になりました。

オリーブ系のカラーは肌色によって
似合う似合わないがかなり出る色なので
スタイリストに相談してみてください。

ちなみにわたしは肌色が黄色ベースなので
オリーブ系の色をのせると顔色が
悪くなってしまいます(涙)


DC323A1C-0C37-4FED-A593-59D291D94AFF.jpeg

今まで紹介した色とは対照的な色。
オレンジとピンクを混ぜたような色です。
友達が夕日みたいな色だね!と言っていて
まさにそんなイメージの色です。
ストレートヘアよりも癖毛だったり、
こんな感じのくるくるした
パーマスタイルとの相性がいい色です。

529335E8-7F2B-46B4-8544-2804A7A818BF.jpeg

最後はこちら。
ネイビーブルー。
なるべく濃いブルーにしたいとのリクエストが
あり、お店にあるブルー系のカラーを総動員して
やったのがこちら。

結果的にデニムみたいなインディゴ色になりました。

この色こそ、誰でも似合う色ではないのですが、
個性の塊みたいな人がやったら似合うんですねー。

この方は顔立ちがきれいなので、
毛先がちょっとボサボサくらいのバランスが
完璧すぎなくていいのかも。
彼女はカラーでよく来てくれるのですが
かれこれ半年以上はハサミをいれてないような。
全てが完璧ではない方が好きです
何に置いても。

ところで
カラーは昔に比べると
かなり進化しています。
ブリーチも以前よりも傷みにくくなったし。
繊細な色は大体がブリーチが必要だったり
しますが、
その分のせる色がきれいに入るので
担当スタイリストに相談してみてください!

カラーリップ

BF34F1DB-A21D-4F99-82A7-52CB7671CA86.jpeg

EA4B2A4E-6CAD-45D7-B944-4B744F33462F.jpeg

両方とも去年の秋くらいの撮影だったかな。
この春夏のイメージヴィジュアルとして公開されています。

このとき使ったリップがこちら。

7544A0F2-A975-4094-84AB-05DD51C300EB.jpeg

NARSのオーデイシャスリップスティック
9496です。

つけるモデルさんによって、色の見え方が全然違いますね。
色のインパクトは強めですが、
日本人でも外国人でも
色白さんでも日焼け肌でも
意外と誰にでも似合う色じゃないかな?と
思います。
アイメイクやベースのファンデーションを
極力ナチュラルに作った方が強くなり過ぎず
バランスがよいです。

709F1072-E6A7-44BD-B290-A9F677697567.jpeg

次はこのピンクメイク。

786774DF-EA39-4F8B-BE5C-C5C5C0CB9166.jpeg

昔、バーニーズで扱っていたコスメブランドのもの。
このブランドはアイライナーの色揃えがかわいくて
何色も持ってます。

アイシャドーとアイライナーの中間のような
入れ方をしてみました。

こちらはわたしたちが普段やるには少し突飛さが
出てしまいそうですが、
ちょっとアイメイクを遊びたい気分のときに
おすすめ。
ピンクじゃなくても白とかペパーミントとかで
入れ方を変えてみるのも
いいと思う。

9401ADF4-7746-45A0-93E9-2D8C7D9EC537.jpeg


今度はパキッとしたオレンジリップ。
これからもっとあったかくなってきたら
このくらいパキッとした色もいいですね。

201D207E-F97B-4DB9-8CF2-9497FDE4B12D.jpeg

MACのリップライナーを使って塗りつぶしてます。
最初に紹介したパープル系のリップもそうですが
このくらい鮮明な色は、
輪郭はぼかさずにしっかりとふちどると
甘さが消えていいと思います。

E9EC8529-ACEE-43B6-8043-2C0875A59807.jpeg

逆にこのくらい濃い目の色は
オーバーリップですごくぼかしてもかわいい。
なにかの実をつぶして塗ったような色。

マスク生活になってみて、1番のストレスは
肌が乾燥することと、
リップメイクが出来ないこと。
洋服に合わせて、リップの色を選べることって
ほんとに楽しかったなぁーとつくづく思います。

マスクをせず、
つけたい色のリップを塗って
外を歩ける日が早く訪れることを願うばかりです。

そしてそれまでは
マスクに色がつかない口紅が
早く出てくれるといいですね!


Portugal 旅日記 ホテル編

2459EFC4-D01D-4D3B-BBF9-6BC754F7E9B6.jpeg

航空券を選ぶのとホテルを選ぶのが好き。
ホテル選びはいつもBooking.com を使います。
写真を眺めてるだけでもワクワクするし、
口コミ読むのも参考になるから楽しい。

ただ、いつも当たりなわけではなく、
外すこともありますよ実際。
だから当たりだったときはすごく嬉しい!

9535F827-1C75-4A65-A286-C315FE6836C4.jpeg

ポルトガルで当たりだったのはこのリスボンのホテル。
Dear Lisbon

部屋数はやや少なめでこじんまりとしたホテル
なんだけど、スタッフの人もすごく親切で
お部屋がお城みたいにかわいい。

72A40FDA-15D8-4466-A665-9C0F79FF485F.jpeg

この長い廊下を通って部屋にいく
わくわくする廊下。

D5BE1AC2-194D-462A-AAC7-2E51D78CC314.jpeg

すごく広くて天井の装飾までかわいい。

09B0F2BE-AF68-4F9E-BE30-A7BA1FDE5676.jpeg

窓の外も素晴らしい景色。

ED4706CF-655E-4A5D-BEDF-52B04CCB4DDD.jpeg

朝食はここに運んできてくれるシステムで
初日の朝から贅沢にみんなでこの景色を見ながら
朝ごはん。

ポルトガルにいるのに、いつものファミリーだったので
不思議な気分で朝ごはんを食べました。

7E0D8069-3BC8-4982-A421-CEA7C8FC4D8A.jpeg

ちなみに、このあとポルトという街に移動したのですが、
そこで泊まったホテルは大はずれでした(笑)

多分、幽霊がいたし、窓を開けると目の前が大きな建設工事中で
粉塵がすごくて、部屋に帰ると酒井もわたしも咳がとまらないし、
お部屋は一見おしゃれなんだけど
なんかどよんとした空気。

564D80BC-F803-4BBF-A5CE-DAE6505DB28B.jpeg

朝食は毎朝このメニューが
ドアの外に届けられるシステム。

29D20B0D-A687-433C-BA54-6DECFC78657E.jpeg

こんな風に紙袋に入れられて届きます。
初日。めちゃくちゃテンションあがりました。
「美味しいねー!
パンがちょっと多いけど毎日でも飽きないね!」
なんてルンルンで食べました。

けど、4泊したのですが、このメニューが
全く入れ替わることなく4回続きました。。。

2日目にして、「昨日と全く一緒じゃない?
せめてパンの種類とか変えて欲しいよね?」
と文句を言い始め、
3日目には「パンこんなに食べれないよね?
フルーツまで全く同じだね。」
4日目にはちーちゃんからもらった
チゲスープを飲んで、
「やっぱ朝はこうゆうのがいいね」と。。。

写真で見返してると、美味しそうな朝食メニューでは
あるんだけどなぁー
並べてる以外にもまだパンが袋に入ってるんです。
もう、とにかくパンが多い(笑)

このホテルで酒井は風邪を悪化させてしまい
旅行から帰ってきてからも約1ヶ月くらい
ひどい咳に悩まされてついには肺気胸の疑い
まで出たくらい。
ほんとに喘息みたいな咳が残ってしまい、
それが今年だったら
外を歩けないくらいだったな。。。

最近の旅の思い出は
必ず酒井さんの体調不良がセットになりつつあります(笑)
もはや、ネタですね。

D6F47263-63BB-402C-B307-324BF09B0886.jpeg

In NAZARÉ

  • Posted by: jun
  • 2020.04.17 22:22
  • travel

去年の夏休みに行ったポルトガル旅行。
その中で行ったひとつの街、ナザレの写真です。
またいつか行きたいところ。
旅に行った後、必ず写真を見返して、
旅の記録としてブログを書いていましたが、
去年は帰って来てからが忙しすぎて
なかなか旅のことを書けていなかったなぁー。
このたっぷりある時間の中で少しずつ書いていこうと
思ってます。
まずはナザレの写真から。
いつも旅に持っていく富士フィルムのnaturaという
コンパクトフィルムカメラで撮りました。
わたしはこのカメラの仕上がりがすごく好きです。


E9C0A15E-9E84-40BC-86E7-6157C598FF1F.jpeg

AE995B2E-E3BD-4F30-A2C0-DE627D5A2F96.jpeg

7C23E265-90A7-471B-88CE-4178D3809E87.jpeg

1B342A41-3594-415F-86A1-F8BE1761F9DD.jpeg

05B1DC4E-7241-4523-9F1C-E9AC558F58F6.jpeg

4BD15A3B-77F4-4075-8DEB-6D2AB5AB4564.jpeg

65A5DC2D-F67A-4F35-A087-625FA6968165.jpeg

A520BE43-6C6D-4CDD-B4D7-E733CC48903E.jpeg

4803A457-8395-40F9-803E-79B7C2D43593.jpeg

D898EE17-1FD9-46A2-A132-1B6463F2AB73.jpeg

B7D95508-BB5B-43D5-A506-3A01D5B2D5B1.jpeg

676CA93C-246C-4551-8323-06165C8EB5CC.jpeg

ベージュメイク

36E604BF-F87A-494B-926F-F0876B0EF641.jpeg

たまにはコスメのお話も。
ヘアメイクもしてますが
正直、コスメ詳しくはないです。。

メイクをするときに1番時間をかけてやるのは
ファンデーションを塗る前のマッサージです。

そこにじっくりと時間をかけてから
メイクをすると
チークがいらないくらい
血色がよくなります。
そしてフェイスラインがきれいに出ます。

90D89EF2-CA59-46B7-8979-A4E8F6E64158.jpeg


このときのメークは洋服がベージュが多く
更にモデルさんがすっぴんでもいけるくらい
本人のポテンシャルが高い子だったので
肌を整えて眉をすこしきりっとさせて
アイホールにつやと一段深みを足したくらいです。

4F327E78-C0A4-42B5-8DAA-B3896BB2412D.jpeg

アイホールに使ったのはthreeのハイライトとして
出ているこちら。
左側の濃い方の色を指でのせています。

76B063F4-D8B3-4C75-BFBE-327AAD49E6E7.jpeg

リップはシャネルのルージュココフラッシュの53です。
血色のいいベージュです。
素に近いけど、塗らないよりは
少しだけ大人っぽい雰囲気に。

65D925FE-D78A-4EBF-ABB2-A344B0639A25.jpeg

トレンチコートのときはヘアはざっくりタイトに。
このくらい短いヘアのひとつ結びって
かわいいですよねー。
何もついてないと、きりっとしないので
バームとオイルをしっかりつけてウェットに
仕上げます。

6D8971A6-383E-4A81-A08A-045BD9CCEE24.jpeg

これはスタッフの方が撮ってたポラロイド。
ポラロイドいいよなぁー♡

このときの写真はドゥーズィーエムクラスのホームページで
見れるのでよかったらみてくださーい!

Deuxieme Classe